読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしとSMAP〜距離ができたり、縮まったり〜

2003年、MIJでSMAPライブ初参戦した私。
アイドルの輝きを目の前にし、衝撃を受ける。
それはそれは楽しいライブで、ペンライトと慎吾うちわを手に楽しむ。ペンライトとうちわでリズムをとって楽しんだため、慎吾うちわの裏はボコボコ(笑)(今は絶対そんな扱いをしない)『もーSMAP最高!』また地元でライブして!!来年もあったら絶対行く!!と宣言し、ファンクラブにも入る。

2004年。ライブを楽しみにしていたら、なかった…(゚ロ゚)番協に行く、とか会える方法はあっただろうけども、所詮、地方住みの中学生。お茶の間で楽しむしか方法はなかった。

2005年、2006年とライブがあった。しかし、地元開催はなし(><)MIJに行った仲間たちと『今年は来てくれるかね!?』とワクワクしていたが、その夢は叶わず。いとこが関東住みのため、『もしかしたら行けるかも!』と淡い夢を描き、計画もしてみたが、単身で乗りこんで、いとこ家族を巻き込むようなプランだったので、母にとめられてしまい、夢叶わず…。

SMAPに会えない日々は、浮気の道へと誘う。ジャニーズはもともと好きだったので、後輩グループの音楽を聴いたり、TVみたり、茶の間ファンを楽しむ。そして、その他にもアカペラにハマったり、バンドミュージックにハマったり、などジャニーズ以外の分野にどっぷりハマる。SMAPは嫌いになったわけではなかった。ちょっと距離ができていただけ。TVも見ていたし、音楽も聴いていた。

SMAPとの距離が再び縮まるのは2008年のことだった。

大学に入学し、現在も仲良くしてるスマヲタ友達との出会い。そして2008年のスパモダツアー。『大学生』という今までとは違う学生になったというのが、SMAPとの距離を縮めた後押しになっていると思う。ツアーやりますって情報が出た時、『今回は行ける!』と思った。初遠征。学校をサボって、東京に行った。大学生ならではの行動。しかも初アリーナ!後ろ振り返ったら花道というすごい席だった。もう、これはスイッチ入るしかないでしょう。目をキラキラ輝かせながら帰ってきた。完全に今までとは違うスイッチが入ってしまった。あの頃は自由だったなー(笑)