読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きな人が増えるということ

前回は始まりが『中居くんに、夢中だ』から始まり、終わりは『吾郎ちゃんに堕ちると思ってなかった』という最初と最後が繋がらない感じのまま、話を止めたままだった。吾郎ちゃんに堕ちるストーリーについてはこの記事で完結させたいな。
〜〜〜〜〜〜〜〜

2014年11月。Mr.S福岡公演。この時は完全に、慎吾担として生きました。正しく慎吾くんに堕ちて、帰りました。この時も吾郎ちゃんのことは普通に楽しみにして行ったし、それなりに満足していました。

変化が起きたのは年が明けて、2015年1月。Mr.S名古屋公演。この時は生まれて初めて、運よく2日入ることができました。ありがたや〜。
1日目。会場に向かう途中に、事件は起きた。スマ友ちゃんとの会話。『今回のコンサート、吾郎ちゃんがかっこいい!』どちらが言ったかは覚えてないけど、どちらか片方が言うと、もう片方が『わかる!私も!!』と意気投合。仲間をみつけるってこんなにも楽しいんですね〜。
もしあの時、『へぇ〜そうなんだ。』と普通のテンションで返されていたら、こんな風にはなってなかったと思う。そこからは吾郎ちゃんトークに華が咲きまくり。むしろゴロチと呼んでいました。完全に新しい楽しみを得た乙女でした。吾郎ちゃんグッズを買い足さなければ!2人で、初めてスマコンに来た女子かっていう勢いでグッズ売り場へ向かいました。吾郎ちゃんうちわを手にし、大満足で会場入り。もう楽しくて楽しくて、仕方なかった。『ごろーちゃーーん!!』かつて、こんなに吾郎ちゃんのことを呼んだことがあったでしょうか。腹の底から声を出しました。本来の自担確認しつつの、『吾郎ちゃんはどこ?』。いろんな所を見ないといけなかったので、とても忙しかった。何かあれば、『吾郎ちゃんヤバイ、かっこいい!!』と騒ぎ。吾郎ちゃんソロはキャー!!物で。恋してましたね、完全に。

終演後はずーっと吾郎ちゃんの話しながら、飲んだ。今までの自分達は何で吾郎ちゃんの魅力に気づかなかったのかと。ホテルに戻ってからは、うちわやフォトセットと共に記念撮影。先に旦那さんとホテルに帰っていたもう1人のスマ友ちゃんに、『私達の頭の中はゴロチでいっぱいです。あなたの頭の中はどう??』というメッセージと共に、その自分達の写真を送り付けるという、今、考えると迷惑なこともしました(笑)でもあの時はsaikouに楽しかったぜ!!
名古屋2日目も吾郎ちゃんうちわと共に、大フィーバーで楽しみました。1/10は吾郎ちゃんの魅力に気づいた自分を認めた、ゴロチ記念日☆☆